亀頭を大きくする方法

亀頭を大きくする秘密はマッサージにあった!

陰茎増大

    ・もしかして俺の亀頭ってすごく小さいの?先細り?

    ・亀頭が大きいとどんなメリットがあるの?

    ・大きくする方法にはどんな方法があるの?

    あなたは自分の亀頭についてこんな悩みをお持ちではありませんか? ペニスは大きさだけでなく、形や硬さも重要です。 女性が大きさだけを気にしていると思ったら大間違い。 どちらかというと形や硬さを重視していることも多いそうです。 今回は男なら一度は気になったことがある、亀頭を大きくする方法についてご紹介させていただきます。

亀頭が大きいとメリットばかり

    亀頭が大きなペニスになると自分に自信を持てるようになります。 たとえそこまで大きくなく短いペニスであっても、亀頭が大きく張っていればそれだけで大きく見えるのです。 16cmの先細りのペニスよりも、13cmの亀頭が大きなペニスの方が大きく見えることもあるのです。 また亀頭が大きいペニスは女性からも支持されます。 先細りのペニスだと、こすれ具合があまりよくなく女性もあまり気持ちよくなれないのだとか。 先細りでも反りがすごくてガシガシと刺激できるペニスの持ち主なら、女性にも支持されます。 ですがそんな男性でも、ペニスの亀頭やカリが小さいと自信を持てないと話します。 やはり亀頭の大きさは男性にとっても女性にとっても大切な指標ということですね。 では亀頭はどうやれば大きくできるのでしょうか。

亀頭トレーニング

    トレーニング
    まずはじめに基本中の基本、トレーニングです。 トレーニングの方法はとてもかんたん。 意識して皮をむいて露出することです。 日本人にはかなりの仮性包茎の人がいるのですが、仮性包茎は亀頭の成長を妨げます。 包皮に包まれていると亀頭が下着などで擦れないことと、覆ってしまっていることで成長を止めてしまうのです。 普段から亀頭を露出するように意識しましょう。 早漏防止にも効果がありますよ。

    外科手術
    いきなりハードルが高くなりますが、特殊な薬剤を注入することで亀頭を大きくすることもできます。 今では一度注射をすれば半永久的に大きなカリのままでいられる手術もあります。 どうしても自分のペニスに自信を持ちたいときには、前向きに検討したい方法のひとつです。 リスクもほとんどありません。

    サプリの活用
    シンプルな方法ですがサプリなどを使って、地道に亀頭の増大に挑戦する方法です。 L-シトルリンやL-アルギニン、亜鉛などを多く含むサプリを使い、血流をよくしてペニスの増大させます。